2018.06.07

薔薇のもののけ 独唱

薔薇のもののけ 独唱をyou tubeにアップしました。
他の薔薇の歌曲よりは多少歌いやすいかと思います
ので、チャレンジしてみてくださいね。
少し修正が必要な部分もありますので、修正して
近々楽譜もダウンロードできるようにします。

敷島のバラ園に先日行きましたが、
たくさんの薔薇が販売されてて、思わず
庭の柵を薔薇で埋めたくなる願望に
襲われましたが、「誰が世話するんだ・・・」
と気持ちを踏みつけて・・・・お別れしました

Soprano 佐藤貴子 さん、Piano 富岡恵美 さんです

1.うしろをむいた薔薇

2.薔薇のもののけ

3.手をのばす薔薇
スポンサーサイト

2018.05.28

「蛇苺」 

メールフォーム不具合のため、お問い合わせは
naporitanya@gmail.comまでお寄せください。

今月はJFCアンデパンダンにおいて前回リハをアップ
した「薔薇のもののけ」の独唱版の初演があり、
またユニット《tottki》(本郷さ詩織さん、東秋幸さん)が
大手拓次の「昔の恋」を演奏してくださいました。

「薔薇のもののけ」はいつも歌って弾いてくださる
Sop.佐藤貴子さん、Piano富岡恵美さんです。
リハ、本番をとおして、「やっぱり、この旋律はPiano
でなく歌にした方がよい」とか意見をいただき、
修正しながら進めて行きました。
富岡さんは私の曲の中で一番好きな曲と言って
くださいますが、まだ父親にも夫にもなっていなかった、
ある意味純粋で素直な精神で書かれた曲です。
いえ、自己の比較の問題ですのでもともと純真でも
素直でもありませんが・・・(笑)

5/13は、FaceBookから「昔の恋」を歌いたいので
楽譜を・・・とお問い合わせくださった本郷詩織さんと
作曲家・ピアノストの東 秋幸さんでユニットされている
「Tottoki」のコンサートです。「カーサクラシカ」
というレストランで行われました。
ご本人のお気に入りの曲を集めている企画ですが、
ドビッシー、ラフマニノフ等の名曲、難曲たちを
見事に歌い上げていらっしゃいました。「昔の恋」は
独唱曲として拓次の詩で初めて書いた曲です。
しばらく楽譜から離れていたのもありますが、
演奏が重厚でより華やかに作られていて、自分の曲
ではないような錯覚に陥いりながら、嬉しく聞かせて
いただきました。
これから大いに活躍が期待されます。これからの
活動に注目です。


一度雑草として抜き取った植物なのですが・・・
1年経ってまた生えてきて、
IMG_7627_convert_20180528115430.jpg

今年はそのままにしておくことにしたのがこの
「蛇苺」です。「蛇苺」は萩原朔太郎の詩のタイトル
でもあり、1昨年に作曲、初演をしました。
ピアノのトリルは蛇の舌の動きを表しています。
「蛇苺」蛇が食べに来る苺と思われがちですが、
苺を食べに来る昆虫を蛇が食べる意味のようで、
苺の影で獲物を狙っている朔太郎の姿が目に
浮かぶようです。
たわわに実った苺を祝して、曲をアップします。
長いですが、後半にクライマックスがあるので
我慢して聞いてください。獲物が来るまで焦って
はならないのです(笑)



2018.05.08

もののけ独唱

メールフォーム不具合のため、
お問い合わせは
naporitanya@gmail.com
までお寄せください。


いつの間にか年が明け、年度が明け
GWも終わり、今日からまた日常の始まり。
同時にブログの新たなる始まりになると良いが・・・・

もう明後日になりますが、
5/9(水) 19:00開演 
すみだトリフォニーホール小 にて

合唱や、重唱はすでに公開してしている
大手拓次 作詩 「薔薇のもののけ」
の独唱版を改訂初演します。

ソプラノは佐藤貴子さん
ピアノは富岡恵美さんです

スキャン_3_convert_20180507234452

連歌「薔薇のもののけ」は
・ うしろをむいた薔薇
・ 薔薇のもののけ
・ 手をのばす薔薇

の3曲からなっています。

そっぽ向かれて、夢にお化けで出てきて
手を伸ばしてくれた、と思ったら、
その手がポタリ、ポタリと散っていくという・・・

まるで私の人生を象徴しているようなストーリーです。
「うしろをむいた薔薇」なんて、私にはうしろを
むいているのに、他の人にの前で咲いちゃうんですよ。
身にしみる話です。

「あのマドレーヌを誰があああ・・」

みたいな。

硏究室のリハの様子をyou tubeにアップしようと
思いましたが、まだ佐藤さんの許可が降りてないので
しばしお待ちを・・・

チケットは割引しますので私まで。



たかちん、もう寝ちゃったみたいなんで、とりあえず
公開、そして後悔か・・・

2017.12.28

あと4日で・・・・

早いものであと4日で今年が終わります。溜まって
いる仕事は山積みなので年末年始を使って少しで
も山を削らないと・・・

年末の作曲活動は来年開校する
群馬県立吾妻中央高校の校歌の作曲です。
1昨年に作曲した群馬県立富岡特別支援学校の
校歌に続き2校目です。音源はないのですが
楽譜は〈こちら〉。

群馬県立吾妻中央高校の校歌は、
群馬おきりこみ合唱団により先日録音を行いました
が多分まだ公開してはいけないような気がするので
しばらくお待ちください。

私は幸運にも小中高と良い校歌に恵まれましたが
それより校歌のイメージを植え付けられたのは
大好きだった〈PL学園の校歌〉です。
いくつかバージョンがありますがこれが一番素晴ら
しいです。今回は混声で収録しましたが男声合唱
もなかなか良いですね。

中学3年の時、ミーハー心で母に「高校はPL学園
に行きたい」と言ったら、ばか言ってるんじゃない!
と一蹴されました・・・
引退した広島の西田が私が小6の時PLの投手で
4番。伝説の高知商業との決勝を制し、その時
からPLのファンで、その後桑田、清原が出てきた
わけです。何度聞いたかわからない校歌です。

秋には吾妻渓谷に行ってまいりました。
IMG_7075_convert_20171228085905.jpg

詩は富岡特別支援と同様、山口和士先生です。
この地の素晴らしい自然を心で感じることのできる
素晴らしい詩です。お楽しみに。

毎年シクラメンを置いていますが、とにかく水を切
らすとすぐにうなだれて痛んでしまうので管理が
大変です。今年は特に大変きれいなシクラメンに
出会えて、毎日砂漠の心を癒してくれています。

星野富弘さんの詩に、今日は何もしないと思ったら
近づいてきたシクラメンを取り上げたものがありま
すが、「遅刻!遅刻!」とバタバタしている時に
限って玄関のシクラメンが水を欲しそうのにして
いるので鉢を持ったら軽く・・・またリビングに
行って水やりして遅刻です私の遅刻はシクラメンのせいということで・・・

IMG_7189_convert_20171228090726.jpg

今年はサボリ過ぎたので来年はもう少し
アップしたいです。皆様良いお年を


2017.10.27

前橋めぶくフェス

前橋めぶくフェス
11月3日〜5日にわたり前橋中央商店街であり、
様々な催しが開かれます。

煥乎堂ホールでは11月3日(金)
10:00〜11:45
   「朗読ワークショップ」
13:30〜15:30
   朗読コンサート 「星野富弘の想い」

が予定されていて、朗読コンサートの中で私が
作曲した「愛されている」「草の実」「別れ」「シクラメン」
を独唱・重唱で演奏することになりました。プチ解説は
私がします。

富弘3

前回「草の実」をご紹介しましたが、今回は
「愛されている」を。

「愛している」、「愛さえていない」なら分かりますが、
「愛されている」ということを考えることはなかなか
考えつかない世界です。

私は無宗教なので、市の冒頭で出てくる「神」の存在
はありません。そしてこれから先もどんな状況になろう
と親の言動を理解するため以外に「愛されている」こと
を意識することはない(しないようにしている)と思い
ます。
「食べ過ぎじゃない?」「酒飲みすぎよ!」「運転中?
じゃ電話切るわ」など言われても、「愛されてる」から
仕方ないな・・  みたいな

今井美樹さんの歌の歌詞に
「愛されて守られたいならとめどなく満たされる
ことはない」
というのがありますがとても好きな言葉です。

ですが曲を書く以上詩に向き合い、共感したいので
自分なりにこの世界を作りました。自分では選ばない
詩。実はソプラノ歌手の佐藤貴子さんにこの詩で曲を
書いてと頼まれ作曲したものです。

今回少し手を入れて改作しましたがこちらは改作前の
ものです。

ソプラノ:佐藤貴子 
ピアノ:野尻ひかる 

 | HOME |  »

プロフィール

西田直嗣

Author:西田直嗣
いらっしゃいませ。西田直嗣のブログです。
詳細はこちら

最新記事
公演スケジュール
5/9 JFCアンデ
スキャン_3_convert_20180507234452
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
メールフォーム
メールは下記へお願いします。 naporitanya@gmail.com
検索フォーム
ペンギン