FC2ブログ

2018.09.13

朝日作曲賞続き

審査員は全く変わらない場合もありますが
今回は2名が変わりました。1次審査で、昨年と
同じ作品をよく残して頂いたなあと思っています。

詩は以下です。
タイトルだけだと二色の薔薇ですが
「夏の夜の薔薇」に様々な色の薔薇が
登場します。

大手拓次の詩による混声合唱のための
「七色の薔薇」

  一、黄色い薔薇

 五月(ぐわつ)の薔薇(ばら)はきいろです。
 やはらかに ねむりをいろどるけはひのなかに
 ふくらみをたたへ、
 おもひをゆたかにつつんでしめらひ、
 さびしさをなでさすり、
 かるがるとこもるすがたを封じ、
 ながれるこゑにさへ羽ばたかうとするときめき。

 五月の薔薇(ばら)はきいろです。
 うれひのうへに やさしくひろがるにほひです。
 それは なやみと かなしみとにはぐくまれた
 ところさだめぬ鳥のなきごゑです。


  二、 黒い薔薇

 どことなく くもりがちな、
 あたりにも うなだれをのみ見せ、
 うたがひの餌食(ゑじき)をなめる 
 この無風(むふう)の薔薇(ばら)。
 いつさいに ひえびえとする このばらのはな。
 おきどころなく喪心をつなぎゆくもの。

三、 夏の夜の薔薇
           
 手に笑(わらひ)とささやきとの吹雪する
 夏の夜(よる)、
 黒髪のみだれ心地(ここち)の眼(め)が
 よろよろとして、
 うつさうとしげる森の身(み)ごもりのやうに
 たふれる。
 あたらしいされかうべのうへに、
 ほそぼそとむらがりかかるむらさきの
 ばらの花びら、
 夏の夜の銀色(ぎんいろ)の淫縦(いんじゆう)を
 つらぬいて、
 よろめきながれる薔薇の怪物。
 みたまへ、
 雪のやうにしろい腕(うで)こそは女王のばら、
 まるく息(いき)づく胴(トルス)は黒い大輪のばら、
 ふつくりとして指のたにまに媚をかくす足は
 欝金(うこん)のばら、                                         
 ゆきずりに秘密をふきだすやはらかい
 肩(かた)は真赤(まつか)なばら、
 帯のしたにむつくりともりあがる腹はあをい
 臨終のばら、
 こつそりとひそかに匂ふすべすべした
 つぼみのばら、
 ひびきをうちだすただれた老女のばら、
 舌と舌とをつなぎあはせる絹(きぬ)のばらの花、
 あたらしいふらふらするされかうべのうへに
 むらむらとおそひかかるねずみいろの
 病気のばら、
 香料の吐息をもらすばらの肉体よ、
 芳香の淵にざわざわとおよぐばらの肉体よ
 いそげよ、いそげよ、
 沈黙にいきづまる歓楽の祈祷にいそげよ。


スポンサーサイト

2018.09.13

2018年度 朝日作曲賞審査結果

お久しぶりです。
怒涛(少年野球で)の夏休みが終わり、
Facebookには投稿しましたが、
うちの玄関に置き去りにされた子猫を見守りつつ
貰い手を見つけ、家族中で胸痛めながら送り出した
最中、2018年度朝日作曲賞の演奏審査(本選)が
秘密裏に行われ、第2位相当の「佳作」を
いただきました。実は同じ曲を昨年も応募していて
本選には残りましたが選外。楽譜の不備や諸々
があり、修正して再応募してみたわけです。
「2位じゃダメなんですか?」
やはりダメなんですね。だからこそ価値の高い
賞と言えます。佳作はお慰み。
朝日作曲賞を受賞されたのは川浦義広さん(25)。
私はほやほやの(50)なので私の半分の年齢では
ありますが、経験なんぞでは取り繕えない
様々なものを数倍お持ちなんだろうと思います。
私が年甲斐もなくコンクールに応募するのは、
干上がりそうな創作意欲に最後の活力を・・・。
死にかけのレイ(北斗の拳)が禁断の秘孔を突いて
最後の勇姿を見せようとする姿にかぶります。
音楽の教員をしていなければ、とっくに作曲活動、
音楽活動は終えていると思います。
後10年で終わりと思って今追われているいくつかの
ミッションを果たしでゆきたいです。

朝日作曲賞の審査結果ははこちら。

応募期間 2018年2月1日(木)~2月10日(土)
応募数 総数55曲(混声42曲、男声2曲、
      女声11曲)
審査員 今井邦男・鈴木輝昭・寺嶋陸也・
      野平一郎・信長貴富
審査日 第1次審査 3月28日(水) 譜面審査
      第2次審査 9月10日(月) 演奏審査

《朝日作曲賞》  賞金100万円・賞状・記念品
作曲者 川浦 義広(埼玉県ふじみ野市在住)
作 品 混声合唱とピアノのための組曲「甃のうへ」
           作詩 三好達治 / ピアノ伴奏付
      甃のうへ
      冬の日
      雪
      乳母車

*「雪」が2019年度全日本合唱コンクールの
課題曲に選ばれました。

《佳 作》   賞金10万円・賞状・記念品
 作曲者 西田 直嗣(群馬県前橋市在住)
 作 品 大手拓次の詩による混声合唱のための
「七色の薔薇」
        作詩 大手拓次 / ピアノ伴奏付
      Ⅰ.黄色い薔薇
      Ⅱ.黒い薔薇
      Ⅲ.夏の夜の薔薇

*「Ⅰ.黄色い薔薇」を会報「ハーモニーNo.188」
(2019年4月発行)に掲載いたします。      

楽譜の公開は11月の授賞式の後なので表紙だけ。
曲の内容、詩は次項でご紹介します。続く・・・
IMG_8129_convert_20180913073234.jpg


2018.06.07

薔薇のもののけ 独唱

薔薇のもののけ 独唱をyou tubeにアップしました。
他の薔薇の歌曲よりは多少歌いやすいかと思います
ので、チャレンジしてみてくださいね。
少し修正が必要な部分もありますので、修正して
近々楽譜もダウンロードできるようにします。

敷島のバラ園に先日行きましたが、
たくさんの薔薇が販売されてて、思わず
庭の柵を薔薇で埋めたくなる願望に
襲われましたが、「誰が世話するんだ・・・」
と気持ちを踏みつけて・・・・お別れしました

Soprano 佐藤貴子 さん、Piano 富岡恵美 さんです

1.うしろをむいた薔薇

2.薔薇のもののけ

3.手をのばす薔薇

2018.05.28

「蛇苺」 

メールフォーム不具合のため、お問い合わせは
naporitanya@gmail.comまでお寄せください。

今月はJFCアンデパンダンにおいて前回リハをアップ
した「薔薇のもののけ」の独唱版の初演があり、
またユニット《tottki》(本郷さ詩織さん、東秋幸さん)が
大手拓次の「昔の恋」を演奏してくださいました。

「薔薇のもののけ」はいつも歌って弾いてくださる
Sop.佐藤貴子さん、Piano富岡恵美さんです。
リハ、本番をとおして、「やっぱり、この旋律はPiano
でなく歌にした方がよい」とか意見をいただき、
修正しながら進めて行きました。
富岡さんは私の曲の中で一番好きな曲と言って
くださいますが、まだ父親にも夫にもなっていなかった、
ある意味純粋で素直な精神で書かれた曲です。
いえ、自己の比較の問題ですのでもともと純真でも
素直でもありませんが・・・(笑)

5/13は、FaceBookから「昔の恋」を歌いたいので
楽譜を・・・とお問い合わせくださった本郷詩織さんと
作曲家・ピアノストの東 秋幸さんでユニットされている
「Tottoki」のコンサートです。「カーサクラシカ」
というレストランで行われました。
ご本人のお気に入りの曲を集めている企画ですが、
ドビッシー、ラフマニノフ等の名曲、難曲たちを
見事に歌い上げていらっしゃいました。「昔の恋」は
独唱曲として拓次の詩で初めて書いた曲です。
しばらく楽譜から離れていたのもありますが、
演奏が重厚でより華やかに作られていて、自分の曲
ではないような錯覚に陥いりながら、嬉しく聞かせて
いただきました。
これから大いに活躍が期待されます。これからの
活動に注目です。


一度雑草として抜き取った植物なのですが・・・
1年経ってまた生えてきて、
IMG_7627_convert_20180528115430.jpg

今年はそのままにしておくことにしたのがこの
「蛇苺」です。「蛇苺」は萩原朔太郎の詩のタイトル
でもあり、1昨年に作曲、初演をしました。
ピアノのトリルは蛇の舌の動きを表しています。
「蛇苺」蛇が食べに来る苺と思われがちですが、
苺を食べに来る昆虫を蛇が食べる意味のようで、
苺の影で獲物を狙っている朔太郎の姿が目に
浮かぶようです。
たわわに実った苺を祝して、曲をアップします。
長いですが、後半にクライマックスがあるので
我慢して聞いてください。獲物が来るまで焦って
はならないのです(笑)



2018.05.08

もののけ独唱

メールフォーム不具合のため、
お問い合わせは
naporitanya@gmail.com
までお寄せください。


いつの間にか年が明け、年度が明け
GWも終わり、今日からまた日常の始まり。
同時にブログの新たなる始まりになると良いが・・・・

もう明後日になりますが、
5/9(水) 19:00開演 
すみだトリフォニーホール小 にて

合唱や、重唱はすでに公開してしている
大手拓次 作詩 「薔薇のもののけ」
の独唱版を改訂初演します。

ソプラノは佐藤貴子さん
ピアノは富岡恵美さんです

スキャン_3_convert_20180507234452

連歌「薔薇のもののけ」は
・ うしろをむいた薔薇
・ 薔薇のもののけ
・ 手をのばす薔薇

の3曲からなっています。

そっぽ向かれて、夢にお化けで出てきて
手を伸ばしてくれた、と思ったら、
その手がポタリ、ポタリと散っていくという・・・

まるで私の人生を象徴しているようなストーリーです。
「うしろをむいた薔薇」なんて、私にはうしろを
むいているのに、他の人にの前で咲いちゃうんですよ。
身にしみる話です。

「あのマドレーヌを誰があああ・・」

みたいな。

硏究室のリハの様子をyou tubeにアップしようと
思いましたが、まだ佐藤さんの許可が降りてないので
しばしお待ちを・・・

チケットは割引しますので私まで。



たかちん、もう寝ちゃったみたいなんで、とりあえず
公開、そして後悔か・・・

 | HOME |  »

プロフィール

西田直嗣

Author:西田直嗣
いらっしゃいませ。西田直嗣のブログです。
詳細はこちら

最新記事
公演スケジュール
5/9 JFCアンデ
スキャン_3_convert_20180507234452
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
メールフォーム
メールは下記へお願いします。 naporitanya@gmail.com
検索フォーム
ペンギン