2011.05.31

武満徹の本

歯医者の待ち時間が長いのを見込んで
学生時代に読んだ武満徹の対談集をなんとなく持って
出ました。

武満

確か父からもらった(?)本。対談相手は
ピーターゼルキン、クセナキス、ユン・イサンなど当時の
巨匠ばかりです。武満徹が常に新しさを求めた作曲家として
それほど印象深いわけではないけれど、作曲が自己の模倣に
陥らぬよう、清新さを持ち続ける事に留意したことが
あらためて伺える内容でした。昨今の私の曲など彼にとっては
追撃の好材料かもしれません。根本的な音楽観には共感するところが
多かったです。

最後の対談相手が20代のサイモン・ラトル
若くして成功した彼は年単位で休みをとり、読書を中心に
音楽以外の時間を持つ事の重要性を語っていました。
音楽に近づくために必要な事は作曲家の見地を出来る限り知る事だと言っています。

学生にも、もっと音楽以外の様々な芸術や自然にも触れて、今見聞きしているもの
から色々な事が想像できるようになってほしいと思っています。
私にとって群馬は自然と通勤時間に恵まれた土地です。家の近所は牛舎だらけなので
Pastoraleならお任せを

近所の牛舎です。
牛代
スポンサーサイト

2011.05.29

源氏物語 本番

第十回 歌と語りで綴る「源氏物語」が開催されました。

こちらは会場入り口。並ぶ胡蝶蘭が見事です。そばを通ると
華やかな気持ちになります。

源氏花_convert_20110529081011


会場は源氏ファンのお客様でいっぱいでした。ありがとうございました。
公演のフィナーレでは最後を飾る佐藤さんの歌声に涙される方も多くいらっしました。
10回すべてにお越しの方も、初めての方もそれぞれの源氏物語の最後を満喫された
様子で、多くの方にご好評頂きました。

2日前に大きな修正があったので演奏は出来立てのほやほやハラハラドキドキです。
緊張感みなぎる直前のリハーサルを 

源氏本番りは_convert_20110529075258

当日リハは場慣れのためもありますが、本番成功のためにぎりぎりまで修正、確認を
重ねます。 後ろに写っている船は手作りで、トラックで運ばれたそうです
琵琶と笛は船の上で演奏され臨場感あふれる演奏でした。詩では二人の貴公子の間に
揺れる浮舟の姿を「浮つ沈みつ恋の淵」と見事に表現されていますが、舞台全体から
も浮舟の姿を感じる事ができます。

本番が終わり、ピアノの伴野さん、ソプラノの佐藤さん、企画の大和さんと
昨年から始めた源氏物語、今年で終わるのも名残惜しい気がします。

源氏集合_convert_20110529075156

来てくれた群馬大の学生達を
浮舟さながらの君は右から数えて・・・・

学生_convert_20110529080236

時代物の作曲は初めての取り組みでしたが、特にこういう音階でという設定はせず
詩を読んで内容を消化したまま曲を書いてきました。ところどころ日本音階的な
フレーズや和音も出てきますが、基本的には現代詩の歌と変わりません。
人と人とが織りなす心模様は昔も今も変わらず普遍的なものである証拠のように
感じています。

2011.05.26

源氏物語のリハーサル

源氏物語の本番を週末(土曜)に控え二回目の合わせをしました。

企画をされている大和さんの要望も取り入れて曲の修正を行ったら

ページが増えて・・・・演奏者、悲鳴をあげています

日本歌曲では、言葉を聞き取れる高音域の限度はhigh [A]か[B]ですが今回

ヴォーカリーズが入るのでhigh [ Es]まで使いました。有名な夜の女王のアリア

がhigh[F]なので、そのちょっと下です。浮舟が化鳥してとんでゆく場面です。


本番にむけての音楽作りで大事な事は「こんなもんかな」で済ませず

最後まで細かい「詰め」を行う事です。楽曲は表現の集積でできているものなので

1小節、1拍ごとの修正が全体のクオリティに大きく影響してきます。


本邦初公開の楽譜の変遷です。歌曲を作曲するときは、3段階で音を入れて

いきます。

1)まずスケッチと呼ばれるもので旋律と和音設定のみ。

  ここではパソコンは使用しません。

  ところどころ和音記号やコードが書かれています。
  
  とにかく次へ、次へと出てくる音符を書きとめることに集中して

  いるので歌詞を書き忘れると何の旋律だかわからなくなります

  同時期に複数曲書く時は、頭(世界)の切り替えが大変です。

源氏スケ_convert_20110526084913

2)ピアノの音を入れていれていきます。「後はパソコンに音を入れていくだけ」

  という段階まで仕上げるので、曲自体はこれでほぼ完成です。調号を使って書くと

  余計な脳みそを使わなくてはならないので、すべて臨時記号で書き記します。

  この曲はes moll、gis moll などが多いので大変です。
源氏楽譜2011_convert_20110526084830

3)パソコンに音を入れ、アーティキュレーションなどを入れてゆきますが、

  非常に時間のかかる作業です。なにしろごらんの通り手書きが汚いので

  解読するのが一苦労です。学生たちには人に見せる楽譜はきれいに書くよう

  指導していますが、これは自分しか見ないので・・・

  で、完成がこちら。ヴォーカリーズなので歌詞がありません。

浮舟Vo21_convert_20110526084625

浄書にパソコンを使うようになってから「楽譜を書く楽しみ」は半減したと思います。

絵を描くような感覚でしょうか。

下は源氏物語を企画されている大和さんの朗読の原稿です。

やはり手書きは味があります

源氏楽譜現行012_convert_20110526085522

本番まであと二日です。演奏者の佐藤さん、伴野さん、

本日の練習風景を

110525_185017_convert_20110526065133.jpg

こんどは伴野さんが尼に・・・しかし練習はの様のように尼くやっておりません

この時代では出家する事は現代とは違い「世を捨てる」に等しい厳しい選択だった

ようです

源氏物語
2011年5月28日(土)
開場 午後2:00
開演 午後3:00
群馬県公社総合ビル1Fホール 
TEL 027(280)3513
前売り券3,000円 当日券3,500円

※チケットご希望の方はm_napolitanya@yahoo.co.jpまで。


  







2011.05.24

足利をはしご

5月22日(日)足利市民交響楽団 「ファミリーコンサート」に行ってきました。

会場は家族連れでいっぱいでした。年齢制限のないコンサートでしたが、

赤ちゃんの泣き声や、走り回る子どもの姿もなく、いつもの音楽会の風景でした。

モーツァルトのピアノ協奏曲では、オーディションで選ばれた小、中学生が演奏し、

聴きにきていた子どもたちはお友達の妙技に目を丸くしていました。

こんな身近に感じるコンサート、もっと増えるといいですね。

110523_123329_convert_20110524005713.jpg

音楽会の後、といえば

演奏会場からで15分くらいのところにある「ココ・ファーム・ワイナリー」

を訪ねました。

ワインハウス_convert_20110524004622

雰囲気のあるお店の中はワイン、ワイングッズとワインに合う食品でいっぱいです。

500円で5種類のワインのテイスティングができるということで早速飲んでます・・・・

自分ワイン_convert_20110524004246

左2本は白、後は右に行くほど重くなる赤です。一番右は酸味はそれほどでもなかった

ですが、グラスを落としそうになるほど重みがありました

白1本赤2本を「ここまで来たんだから」と言い訳しつつ購入しました。

ワインを飲めない方も風景やワイナリーの雰囲気、葡萄ジュースで楽しめますので

お勧めです。

ワイナリーが舞台になっている映画があるのでご紹介します。

「Side Way」という映画で洋画邦画があります。

ワイン_convert_20110524004834

うぃ~

2011.05.22

深津素子音楽会 桐生公演

5月21日(土)‘暑’ 

深津素子音楽会・桐生公演が桐生のシルク小ホールで

開催されました。昼の部、夜の部とも暑い中、沢山のお客さま

にお越しいただきました。ありがとうございました。

夜の部の後半では、ピアノの伴野さんが勤務されている

桐生商業高校の生徒さんたちが飛び入りでステージで歌ってくれました。

公演終了後、その生徒さんたち、深津さん、伴野さんと

深津2_convert_20110522071710

桐生は深津さんの地元ですので、深津さんのステージを

楽しみにしていらっしゃる多くの方がいらっしゃいます。ステージは深津さんが

指導なさっているコーラス「コールシャンテ」の合唱出演にも支えられながら

深津さんの音楽家としてのスケールの大きさを感じさせる好演でした。

また、本公演では私が作曲した「みどり市の歌」も加えていただきました。

3公演とも見事に歌いきり、公演ごとに迫力を増す歌力はさすがです。

また歌っていただけるのを楽しみにしています。

 | HOME |  »

プロフィール

西田直嗣

Author:西田直嗣
いらっしゃいませ。西田直嗣のブログです。
詳細はこちら

最新記事
公演スケジュール
5/14 「詩と音楽」
詩と音楽表_convert_20160412061754
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ペンギン