2012.01.30

定期演奏会

大学で指導をしているオーケストラのちらしができました。

シエラ_convert_20120130022918

オーケストラの指導を始めて、5年目になります。(5周年記念!((笑)))
シベリウス2、チャイコフスキー5、ドボルザーク7、ブラームス2、
と来て、今年はリムスキー=コルサコフ「シェヘラザード」です。
はてさてどんな航海になるのやら・・・・

オーケストラのメンバーは群馬大学音楽科の学生で、殆どの人がそれぞれ
持っている楽器とは違った専門の研究室にいます。近年は弦楽器はもちろん
管楽器も初心者が増えてきました。朝一の空きコマに集まってパート練習する
姿勢は見習いたいものです。音楽の本番は壁を乗り越えた人にしか与えられない
「何か」が待っています。学生たちにはその「何か」をつかみとって貰いたいと
願っています。

当初は私が作曲した星野富弘さんの合唱曲を演奏する予定でしたが、諸事情で
変更になりました。また近いうちに実現したいと思います。

若い時は、今人生の貯蓄をしている事に気がつきません。私がこれらの楽曲に
出会い、親しんだのは高校を含む学生時代。まさか指揮するとは夢にも思いま
せんでした(こちらは貯蓄なし・・・)が、音楽を取り込んで、虜になれる
(シャレですよ)のも若いうちだと思います。

ところで「シェヘラサード」の2楽章の一番有名なテーマはあの「一週間の歌」の
「糸とー麻をー買ってきたーテュラテュラ~」と同じ旋律です。よく出てくる
音型、「ラドミソファ(♯)ミミー」のラドミも「月曜日は~」と同じで、
これは・・・ 1週間の歌は出来事を替え歌にしやすくて面白いので1度お試し
ください。

話がそれましたが、皆様のご来場をお待ちしています。入場無料です。

スポンサーサイト

2012.01.22

初詣

朝徒歩で大学に行きました。
先日降った雪で榛名山が雪化粧。

フウシャ_convert_20120122181434

左に見える風車のそばに「椿庵」というおいしいおそば屋さんがあります。
手前に見える杭がうってあるところが「上武道路」の17号線に
行き当たる直前の場所です。
午後はその榛名山の下腹にある「水澤観音」へ初詣の予定です。

着きました。

フモト_convert_20120122181528

こちらは境内です。厄よけ等なにかとお世話になってる境内です。

ジンジャ_convert_20120122181551

毎年短歌付きのおみくじを引きます。今年は・・・・
久しぶりの「大吉」でした
このおみくじの短歌の内容を曲の題材にしたこともあります。

今年の短歌は


さくらばな
   のどかに におう
       春の野に
蝶もきてまう
   そでの うえかな

大吉は必ず浮かれてはならぬ意味をこめた「戒め」が書かれています。
さらに蝶を捕まえようとすると、雹がふってきそうな
気がします。私は暑がりですが、桜の季節には我慢して長袖を
着ていようと思います

ここをもう少し登ると伊香保温泉。そしてこの水澤が日本三大うどん
の一つ、水澤うどんの地です。寒い日はあったかいうどん食って、温泉に
ついかりたいですね~

2012.01.21

白い秘密

昨日は思いがけず雪でした
倉敷に住んでいたのは高校生まで(引っ越した訳ではないが)でしたが、
雪が降るとずっと外を眺めていました。家が山の上にあったので
小学校へいく道中の雪が創りだす神秘的な世界に酔いしれたものです。
こちらは今の家の1階からの眺め。そのころのような感動はありませんが
やはり美しい風景です。

ユキ_convert_20120121224752

性格が内向的なためか、雪に覆われて静かに閉ざされた状態が
心地よいです。

小学生のときにやっていたドラマで田宮二郎(故人)、片平なぎさ主演の
「白い秘密」があります。片平なぎさの母が、田宮二郎扮する医師による手術
で亡くなり、恨みながらも、その医師とは知らないまま、盲目である片平なぎさ
が彼の手術を受けるまでの話で、母の敵と知らず徐々に惹かれてゆく片平なぎさを
見て、子供ながらに愛ってこういうものだなと深く感じたドラマです。

タイトルのごとく雪景色のシーンが多かったのも印象的で」した。

ドラマの始まりに流れる歌なしの音楽が非常に印象的で先ほどピアノで弾いてみたら
自分の曲に頻繁に使っている和音の進行でした。
進行は、Gm7-Cm7-F7-BM-Am7(♭5)-D(♭9)-Gm7-Em7(♭5)-A7-D7-
をもう一回繰り返します。お試しください。旋律が知りたい人は西田研まで


2012.01.17

ランボルギーニ

15日締め切りの「夢」をテーマにした曲
「五差路(ある家族の夢)」の作曲がとりあえず終了しました。
ご案内は後ほどさせて頂きますが、詩は 原かずみ さん。
このコンサートのために書き下ろしていただきました。
「男の子の夢」、「女の子の夢」「男の夢」、「女の夢」の4曲の構成ですが、
男の夢の中に「ランボルギーニ」が出てきます。横文字に旋律付けるのは
難しい・・。
こちらが「ランボルギーニ」の部分

ラン_convert_20120117060255

「ランボルギーニ」はスーパーカーのメーカー名で、
「ランボルギーニ・カウンタック」が有名です。それがこちら

カウンタック_convert_20120117055031

私にとっては子どもの頃の憧れでした。他に
「イオタ」
イオタ_convert_20120117055055

「ミウラ」
ミウラ_convert_20120117055148

「ウラッコ」
ウラッコ_convert_20120117055123

などがありますが特に「ミウラ」が好きでした。
お花好きなオトメンと思われがちですが、実はちゃんと男の子の趣味
も(小学生ですが)持っておりました・・・ことは自分でも
忘れてました。しかしニッサンに「村~野」という車がありますが
「ミウラ」は「三浦」なんでしょうか・・・

最近でも車の夢はよく見ますが、この詩のように飛んで行くのではなく、
今の車があちこちぶつけてボコボコになっちゃう事が多いです。
夢が覚めてもあ~夢でよかったなんて言ってられなく実物もそんな
かんじだったりして・・・よく今の自分を表してると言われますが・・・

一応曲は出来ましたが、音が多いのが特徴の私の曲。ピアノの高木さんの悲鳴が
聞こえてきそうです。これから無駄なものをそぎ落とし(節音)、気に入らない
ところを再考したり、歌のところは音域が合わないと移調したりもします。
推敲は重要です。

通勤途中の富士見Bスーパーの近くに五差路が有ります。そのなかに
私がまったく使わない道が一つ。夕方は込むのでなかなか向こうの道に
入れません。この詩も四人家族なのであと一本は何かな~と
最近気になってきたところです。

これから20日までにもう一曲!
星野富弘さんの「子供がひとり」です。ふう

追伸
後で、家族が4方向からやってきて、一緒に残りの道へ進むのかと思いました。
四人が勝手な夢を見つつ、「五差路」というタイトルで絆を感じさせることの
できる不思議な詩です。また詩人の原さんに聞いてみたいと思います。

2012.01.11

富士の会

毎年恒例の富士の会に行ってきました。

カモ_convert_20120111225546

こちらはこれも恒例のかも鍋の「かも」。
かも鍋は以外と油っぽくなく、濃厚なダシがおいしい最高の鍋です。

ミンナ_convert_20120111230111

富士の会は管楽器の先生方を中心に構成されていて、
平均年齢は6◯才くらい。私は近年最年少から脱出しました。
ここでは私は「シェフ」なんて言われ、作って飲んで食べて洗って作って飲んで
食べて洗ってを繰り返します(笑)

意外と毎年音楽教育の話題で盛り上がり、一番の情報収集の場でもあります。
そして朝は恒例の富士山のご来光です。もうすぐです。

フジ1_convert_20120111225357

出ました

フジ2_convert_20120111225428

ど真ん中のダイヤモンド富士
太陽が出る前と出た後の気温の差が大きく、この存在によって私たちが誕生したこと
を思い知らされます。

恒例の行事は色々とありますが、群馬に来てから11年、毎年恒例の富士の会に
参加し、みんなで持ち寄った色々な酒と食材とためになる昔話と励ましの言葉を
いただいております。太陽と先輩がたへの感謝を忘れる事なく、
1年過ごしてゆきたいと思っています。

おまけですが、こちらは最近生まれた(らしい)富士のゆるキャラ「フジちゃん」
です。

フジ3_convert_20120111225454


 | HOME |  »

プロフィール

西田直嗣

Author:西田直嗣
いらっしゃいませ。西田直嗣のブログです。
詳細はこちら

最新記事
公演スケジュール
5/14 「詩と音楽」
詩と音楽表_convert_20160412061754
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ペンギン