2013.05.26

伊香保温泉で浸ったものは・・・

ウイークデイのさなかに
群馬大学の前任の海鋒先生を始め、管打楽器の
重鎮が伊香保に集まり、今後の音楽教育についての
会議を行うというので、参加して参りました。

海鋒先生は「群大音楽科シンフォニカ」という名前が
つく以前に群大音楽科のオーケストラをずっと指導されていた
先生です。私は指揮は誰にも習っていませんが、オーケストラ
を引き継いだ時は、色々ご助言を頂きました。

教育学部音楽科でオーケストラを行う意義は、日頃学生と向き合っている
と見失いそうになる時もありますが、先輩方の音楽教育についての談義
を聞いて、それを確認する事ができる・・・貴重な会です。

私は雑務に終われかなりの遅刻。次の日の朝も6時に出るので
ゆっくり温泉につかる時間もないと思い、家でシャワーを浴びて
出かけました。うちから30分くらいです。

こちらは宴会出席のみなさん。
美味しい料理も久保田の「万寿」とともに美味しくいただきました。
宴会_convert_20130526083605

中休みのため、近くへ散歩。
「ラーメン食いてーけど入んねーなー」
と口々に・・・
散歩_convert_20130526083702

参加されているみなさんは、私の父と同じ世代。
さすがに病気と薬の話題も飛び交いましたが
ずっと元気でご指導いただきたいです。

温泉には入りませんでしたが、大きな何かに
浸かってきた一晩でした


スポンサーサイト

2013.05.18

第13回水芭蕉コンサート

明日15日(日)津田ホールで水芭蕉コンサートがあり
昨年、中田喜直賞をいただいた「飛ぶ春」が演奏されます。
flier_l_convert_20130518110753.jpg

ソプラノは大塚恵美子さん、ピアノは菅原奈津子さんです。
先週主催をされているナカダ音楽事務所に合わせのために
伺いました。中田先生の写真が飾ってあり、公園の緑に囲まれた
大変落ち着きのある空間でした。

大塚さんは豊かな声量でありながら、柔らかく包み込むように
歌われます。私の無理な注文にも快く答えてくださいました。
ピアノの菅原さんは伴奏で数々の賞をとっておられるだけあって、
今回多数曲の伴奏を担当されているにも関わらず、高い完成度
で仕上げてくださっています。

私がプログラムノートに書いた中田喜直先生についてのコメントは
以下のとおり。

『幼少からピアノを習い数年たち、発表会で弾きたい曲はいつも中田喜直先生のトックリの表紙がかわいい「こどものピアノ曲」の曲でした。「エチュード・アレグロ」に到達するまで何年もかかりましたが、その後大学生になって「霧と話した」や「サルビア」に出会い、近年の歌曲が多い作曲活動の大きな支えになっていました。』

「夏の思い出」は群馬県の尾瀬を歌った歌。勝手にその縁を感じつつ
明日は楽しんでこようと思います。

チケットは早くから完売だそうです。はいだしょうこさんの人気も大きいらしい
のですが。レセプションで出るお酒はやっぱり「水芭蕉」かなあ

ちなみに「飛ぶ春」は7月15日のオープンキャンパスでも
群馬大学の山崎法子先生に歌っていただきます。受験生の方
これを読んでいる方がいらっしゃればお楽しみに

2013.05.09

安くなくて美味しいワイン

安くて美味しいワインは500円〜700円で
いくつか紹介してきましたが・・・

今日は最近飲んだ二本をご紹介します。

こちらは頂き物のフランス白ワイン。値段不明です
shiro+_convert_20130509053051.jpg

間違いなく安くない。
アルザス グランクリュ と書いてあります。
最上級の格付け・・・
葡萄はリースニングです。

酸味が押さえられて華やかな香りが楽しめる
大変美味しいワインです。有り難し
こんなワインを毎日飲むと有り難みが分からなくなってしまいます(貧乏症)。

こちらはスーパーのF.S.で購入したチリ赤ワイン。
葡萄はカベルネ ソーヴィニオン。1450円。
aka+_convert_20130509053124.jpg

チリワインの1500円は初めてです。最近飲んだ赤ワイン
の中では1番美味しいワインでした。
飲んだ後にキャラメルのような余韻が感じられます。

「勇気一つを友にして」で子どもも知っている
イカロスのようなラベルも覚えやすい。

「勇気一つを友にして」は自然に伴奏付けすると
連続5度と連続8度がたくさん出てきます(悪酔いします)。
そうならない伴奏、募集中です

2013.05.06

第59回学生ソロ定期を聴いた

GWまっただ中の4日、第59回学生ソロ定期を聴きました。
2年生11曲、3年生13曲、4年生14曲+和太鼓
という長丁場ですが、うとうとすることもなく(スリル満点のため)
最後まで聴く事ができました。
お客さんも最初から200人以上集まっています。ありがたい事です。

さて演奏は・・・・
例年より力の入った取り組みを感じさせてくれました。
私がこのコンサートで1番学生たちに期待するのは
真剣に取り組む姿勢です。それぞれのコンサートに賭ける
思いは伝わってきました。
中には楽曲の素晴らしさを充分に引き出す事ができていて
楽しく聴かせてもらった演奏もいくつかありました

より良い演奏につなげるために、特にアンサンブルについて音量、
表現に対する意識がもう少し欲しかったです。聴こえてくるはずの
旋律が聴こえなかったり、役割に徹することが出来ていなかったり。

また、フィギュアスケートではありませんが4分という制限時間のなかで
技術と表現がバランスよく要求される曲の選曲を心がけてほしいと思います。

本番が聴けない時は後でDVDを見させてもらっていますが、
彼らがその学年なりにどういう成長過程にあるのかを知る上で
貴重な機会であると改めて思いました。

皆さんの頑張りに


 | HOME | 

プロフィール

西田直嗣

Author:西田直嗣
いらっしゃいませ。西田直嗣のブログです。
詳細はこちら

最新記事
公演スケジュール
5/14 「詩と音楽」
詩と音楽表_convert_20160412061754
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ペンギン