2014.08.28

米倉斉加年 さん安らかに・・・

俳優で絵本作家の米倉斉加年さんがお亡くなりになりました。
近年朝ドラにも出演されていましたが、なんといっても
山田洋次監督の「男はつらいよ」で殆どの作品におまわりさん役で、
そしてマドンナ-大原麗子さんの夫役でも出演。
34作目のこの話は証券マンに扮する米倉さんが失踪して
マドンナの大原麗子さんが一人になってしまう・・・・ということは・・・
てな話です。

虎

見ている時は楽しい映画ですが、見終わった後なんともいえない
寂しさが残ります。秋にぴったりの映画かもしれません

そしてもう一つの顔、絵本作家としての米倉さんの絵が表紙になっている
本を実は学生時代に読んでいました。

閲覧注意!(笑)手遅れか・・・
yone_convert_20140828074106.jpg

学生だった時代は「アングラ」とか「ポストモダン」とかが流行っていた時代で
確か美術科の友人に勧められて読んだ気がします。そういえば友人と演劇を
見に行ったら、全裸の女性が首に縄をつけた男性を延々と引っ張りまわしてた
のを思い出しました。現代芸術の世界も最近は少し綺麗になりすぎているような気が
します

きっと追悼番組で寅さんやるのでみなさんも観てにてくださいね。





2014 年9月〜11月コンサートスケジュール
お問い合わせは本ブログメールフォームよりどうぞ。(連絡先を忘れずに)

9月6日(土)12:00〜
群馬おきりこみ合唱団  〜薔薇と秋桜が花開く敷島の「秋」〜 
場所:前橋しきしま老人福祉センター(どなたでも入場できます)
入場料:無料~300円くらい

〈クリックで拡大〉 
薔薇と秋桜が花開く、敷島の「秋」2_convert_20140813094710

10月4日(土)  14時開演(予定)
中国、四国の作曲家 2014
場所:岡山ルネスホール   詳細未定

曲目:竹久夢二の詩による3つの歌曲  
   Ⅰ 飛ぶ春  Ⅱ 秋の眸 Ⅲ 再生

作詩 竹久夢二  作曲 西田直嗣  Sop.村上彩子 Piano 山下陽子

10月12日(日)
群馬おきりこみ合唱団 関東合唱コンクール 出場
時間(未定ですが昼前後らしい) 前橋市民文化会館大ホール
曲目
課題曲:夜もすがら  鴨長明 詩  千原英樹 作曲
自由曲:混声合唱組曲「木とともに人とともに」より“生きる” 
   :混声合唱組曲「クレーの絵本第2集」より“死と炎”
指揮;西田直嗣 ピアノ:伴野和章

11月6日(木) 18:30開演  津田ホール
波の会日本歌曲振興会 秋の定演2014「新作歌曲の夕べ」 

  水辺に咲く花のように 
  詩:村田寿子 曲:西田直嗣  Sop:長江希代子 ピアノ :森 裕子

みずべ_convert_20140705115551
スポンサーサイト

2014.08.18

夏の帰省(倉敷)

1週間、倉敷へ帰省していました。
夏に帰省するのは何十年ぶりか・・・

14日は30年ぶりの中学校の同窓会があり、
自分も含め変わり果ててたり、そのままだったり・・・
今がどうというより、思春期まっただなかを一緒に過ごした友人
同士の共有している「何か」を強く感じた再会でした。

16日は倉敷新渓園での備中神楽鑑賞。同じような動きや
謡が続きますがなぜか飽きません。話は中盤から八岐大蛇(やまたのおろち)
になり、こちらは娘をおろちに献上しなければならない老夫婦の
語りのシーン。





[広告] VPS


残念なことにおろちが出てくる前に帰らなくてはならなくなりました。
そういえば家に八岐大蛇があったなあと探してみると、ありました!

おろち1_convert_20140821055606

中身はⅠ頁だけ紹介。そうです八岐大蛇だから首は八首。いやーあとは
どれに食われるかだけです。そうそう音楽科の学生にも八岐モテ男がいるなあと
思わざるをえません。

おろち2_convert_20140821055636

私は小学5年生のとき凧揚げコンテストの凧の絵をこのおろちを
参考に描きました。先生にも褒められてあとは高く飛ばすだけ!

しかし、結局全く飛ばずにずるずる引きずるだけでした・・・
先生の残念そうな顔が忘れられません。
N先生ありがとうございました
あげようとしたら「おろちてー」って凧が嫌がったんでしょう。きっと・・・


2014 年9月〜11月コンサートスケジュール
お問い合わせは本ブログメールフォームよりどうぞ。(連絡先を忘れずに)

9月6日(土)12:00〜
群馬おきりこみ合唱団  〜薔薇と秋桜が花開く敷島の「秋」〜 
場所:前橋しきしま老人福祉センター(どなたでも入場できます)
入場料:無料~300円くらい

〈クリックで拡大〉 
薔薇と秋桜が花開く、敷島の「秋」2_convert_20140813094710

10月4日(土)
中国、四国の作曲家 2014
場所:岡山ルネスホール   詳細未定

曲目:竹久夢二の詩による3つの歌曲  
   Ⅰ 飛ぶ春  Ⅱ 秋の眸 Ⅲ 再生

作詩 竹久夢二  作曲 西田直嗣  Sop.村上彩子 Piano 山下陽子

10月12日(日)
群馬おきりこみ合唱団 関東合唱コンクール 出場
時間(未定ですが昼前後らしい)
曲目
課題曲:夜もすがら  鴨長明 詩  千原英樹 作曲
自由曲:混声合唱組曲「木とともに人とともに」より“生きる” 
   :混声合唱組曲「クレーの絵本第2集」より“死と炎”
指揮;西田直嗣 ピアノ:伴野和章

11月6日(木) 18:30開演
波の会日本歌曲振興会 秋の定演2014「新作歌曲の夕べ」 

  水辺に咲く花のように 
  詩:村田寿子 曲:西田直嗣  Sop:長江希代子 ピアノ :森 裕子

みずべ_convert_20140705115551

2014.08.12

薔薇と秋桜が花開く敷島の「秋」

9月6日(土)12時開演 前橋しきしま老人福祉センターで
群馬おきりこみ合唱団がコンサートをいたします。

老人福祉センターと言っても、老若男女どなたでも入場可能で
打ち合わせに伺ったときも、若い人も見かけました。
館内は、あいのやま湯とか、富士見温泉とかと同じような
施設です。

以下チラシですが私が作成しました。薔薇と秋桜の雰囲気が
けっこうぶつかるので、統一感を出すのに苦労しました
薔薇と秋桜が花開く、敷島の「秋」2_convert_20140813094710


「まぼろしの薔薇Ⅰ、Ⅶ」は私の作曲です。you tubeにはUPされていますが
初演です。「まぼろしの薔薇」シリーズは、歌いやすさも意識して作曲しています。
「まぼろし」だからどれも幻想 拓次の頭の中に入り込んでいる
ような気持ちになります。

「秋桜」は山口百恵さんの歌ですが、さだまさしさんの作詞作曲です。
百恵さんのキーは何と変ホ短調。下は五線の下のファです。普通の
女性は「う〜・・・」にしかなりません。でもってさだまさしさん
ハ短調。かなり高いキーです

おきりこみの秋桜がつぼみのまま落下しないよう頑張りたいです。



2014 年9月〜11月コンサートスケジュール
お問い合わせは本ブログメールフォームよりどうぞ。(連絡先を忘れずに)

9月6日(土)12:00〜
群馬おきりこみ合唱団  〜薔薇と秋桜が花開く敷島の「秋」〜 
場所:前橋しきしま老人福祉センター(どなたでも入場できます)
入場料:無料~300円くらい

〈クリックで拡大〉 
薔薇と秋桜が花開く、敷島の「秋」2_convert_20140813094710

10月4日(土)
中国、四国の作曲家 2014
場所:岡山ルネスホール   詳細未定

曲目:竹久夢二の詩による3つの歌曲  
   Ⅰ 飛ぶ春  Ⅱ 秋の眸 Ⅲ 再生

作詩 竹久夢二  作曲 西田直嗣  Sop.村上彩子 Piano 山下陽子

10月12日(日)
群馬おきりこみ合唱団 関東合唱コンクール 出場
時間(未定ですが昼前後らしい)
曲目
課題曲:夜もすがら  鴨長明 詩  千原英樹 作曲
自由曲:混声合唱組曲「木とともに人とともに」より“生きる” 
   :混声合唱組曲「クレーの絵本第2集」より“死と炎”
指揮;西田直嗣 ピアノ:伴野和章

11月6日(木) 18:30開演
波の会日本歌曲振興会 秋の定演2014「新作歌曲の夕べ」 

  水辺に咲く花のように 
  詩:村田寿子 曲:西田直嗣  Sop:長江希代子 ピアノ :森 裕子

みずべ_convert_20140705115551


2014.08.05

榛名湖ミュージックフェスティバル 終了

8月3日(日)榛名湖ミュージックフェスティバルに参加しました。
私は実行委員をしているので、自分の出番だけ気にしていれば
いいというわけにはいきませんので、日陰にいることが出来ず
1日太陽を浴びて、髪と肌と目の色が区別つかないほどに・・・

前半が終わった頃、サーッと雨が降ってきてどうなることかと
思いましたが、なんとか休憩後には上がりました。お客さんも
殆どお帰りになる様子も無く、後半の演目を楽しみにしてくださっている
様子です。
きりこみ_convert_20140807215430

最後から二つ目の演目。
私は群馬おきりこみ合唱団で指揮で出演しました。
コンクールで歌った「生きる」と「死と炎」です。
こちら歌い終わったあとの群馬おきりこみ合唱団
炎をイメージした衣装です。
音楽は家の中で作曲されるし、そのほとんどがコンサート
ホールで演奏されますが、作曲自体は人を含む自然から
インスピレーションを受けたり、エネルギーをもらったりしながら
作曲します。「生きる」ことなんて意識しないのが
「生きる」ことだと私は思いますが、この美しい湖畔や山に
囲まれたステージで演奏された曲がどれも生き生きと輝いて
聞こえてきました。

こちらは最後の全員合唱「花は咲く」
花は_convert_20140807215755

渋川の小学生の元気な歌声も新鮮だったし
指導されているA先生。子どもたちとの信頼感、子どもへの熱意
をそばで感じる事のできる、映画のシーンを見ているような
先生と児童とのやりとりが印象的でした。

そのあと、伊香保温泉で打ち上げです。
ikaho_convert_20140807220345.jpg

定例行事になれば
いいですね!来年はますます盛り上がる事を期待しています!
ご参加(公募してます)、ご来場お待ちしています。

コンサートが終わって、何日か経ち、蛇の抜け殻のように
顔の皮が・・・・これでツラの皮がはがれなければ
良いのですが・・・

 | HOME | 

プロフィール

西田直嗣

Author:西田直嗣
いらっしゃいませ。西田直嗣のブログです。
詳細はこちら

最新記事
公演スケジュール
5/14 「詩と音楽」
詩と音楽表_convert_20160412061754
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ペンギン