2015.03.31

子どもたちへ、初参加してきました

先週木曜日、JFC(作曲家協議会)主催の
「子どもたちへ」に参加しました。

子どものためのピアノ曲を作曲して、
KAWAIから楽譜を出版する、というのがこの企画
の主旨ですが、今回は30回記念ということで
ヴァイオリンとピアノの部が設けられ、私はここへ
出品しました。

以前にブログでも紹介しましたが、曲は
「緑のソナタ」です。3分以内、開放弦を使わない
重音不可、高音は3点ニ(五線外のレ)まで。
などの制約の中でソナタを作ると、やはり展開部
の途中で再現部風コーダにいって終りとなりました。

ヴァイオリンは息子が演奏しました。しかし問題は
ヴァイオリンではなく私の伴奏です。ここ2、3年
5、6曲伴奏をしていますが、ことごとく崩壊。
毎回凹んで立ち直るのが大変です。

ピアノの能力はもちろん人によって違いますが、
本番にある程度自分の力を発揮するための時間
練習量は、能力とは別に人によって違うと思いま
す。私の場合、「殆ど暗譜している状態」が本番
には必要ということが最近分かりました(笑)

そんなわけで、今回はいつにもなく早めに仕上げ
事前にホール練までやって臨みました。

こちらは直前のリハーサルの様子。
今回は大丈夫でしょう
きょう_convert_20150331080706


本番が始まり、大きな事故もなく見開き全4ページ
中、3ページ目へ・・・あれ、なんかおかしい!!

なんと4ページ目がありません
そうです、向こう側に織り込んでしまい、見開き
3ページになってしまっています。いやいや
もしかして暗譜しているかも・・・・

楽天的な考えは打ち砕かれ、4ページ目はアワワ
アワワの適当演奏に・・・最後の締めの和音だけは
楽譜通りに弾きましたが・・・

何がありがたいって、いつも私に厳しいコドバを
浴びせられている息子が、私の伴奏の失敗を、いつ
も笑って許してくれる事です

緑が美しくなる季節を前に、「緑のソナタ」は
枯れてしまいました・・・・

今度こそ・・・!(前もそう言った・・・)


スポンサーサイト

2015.03.27

福島声楽アンコン全国大会

週末、群馬おきりこみ合唱団は、県合唱連盟に推薦
をいただいて福島声楽アンコン全国大会に初参加し
てきました。そして震災後福島を訪れたのは初めて
です。この音楽堂も修復のためしばらく使えなかっ
たそうです。

井の中の蛙(私)大海(大会)を知るとはこのこと
です。全国レベルの声楽アンサンブルを聴いて、
様々な事を考えましたが、完成度の高い演奏の中に
素晴らしい曲、演奏、人々が存在した事は確かです。
結果はふるいませんでしたが、私も合唱団もさらに
成長するための有意義な機会でした。

こちらは演奏終了後。
右端に金髪の女性がいます。最近キャサリンと呼ば
れていますが日本人です(笑)
IMG_3717_convert_20150327095044.jpg

次の日は観光です。まずは鶴ヶ城。
桜が咲いていたらどんなに素晴らしかったかと
しろ_convert_20150327095509

周りを歩いていると荒城の月碑がありました。
つき_convert_20150327095552

レコ大受賞曲 布施明「シクラメンのかほり」は
出だしがそっくりです。
まあ出会いのときはだいたい「君」は真綿色した
シクラメンのようですよね。でもだんだん色んな色
が咲いて枯れて(愛が《笑》)・・・

余興の多い演奏旅行でしたが、おきりこみが歌った
西村朗先生の「ひびきのなかに住む薔薇よ」は
まだ頭のなかに住み着いています

2015.03.17

お礼

合唱団瑠衣の皆様

コメントお寄せいただきありがとうございます。
作曲家は自分自信のみでは成立することはなく、
you tubeにアップするにしても、素晴らしい演奏
家の方々と出会い、曲に取り組んで頂くことなしに
は実現不可能です。そういった演奏家の方々に支え
られ、ささやかな存在ながら今日の作曲家としての
私があります。

そして歌曲においては、共感し、世界を共有するこ
とに喜びを感じることのできる詩の存在が楽曲を生
みだしてくれます。

特に合唱は、多くの人で作りあげ、、音楽を演奏
する事の喜びを感じる事のできる形態だと思ってい
ます。「薔薇のもののけ」は途中自分でも
どうなっているのか分からない箇所がありますが、
大変なご苦労を経て、細部まで行き届いた音楽に
作り上げてくださったこと、心から感謝いたしま
す。そして、拓次や私の思いを深く感じとって演奏
していただいたことを嬉しく思います。

また取り上げていただけるよう、頑張って作曲も
行ってゆきたいと思います。

2015.03.15

合唱団瑠衣6thConcert を聴いた

合唱団瑠衣6thConcert が懐かしい葛飾シンフォニ
ーヒルズで開催されました。

ひょうし_convert_20150315082529

半年ほど前にブログのメールフォームを通してyou
tubeをご覧になった団員の方から連絡があり、
それをきっかけに本日の演奏が実現しました。

演奏されたのは、私が群馬県にいることの証とも言
える混声合唱組曲「薔薇のもののけ」(混声4部版
初演)です。

調性ながら、きわどい転調、無調の使用、ソロが多
い、ピアノがムズイことなど、難易度の高いこの曲
を倉本さん指揮のもと見事に仕上げてくださいまし
た。

プログラムも丁寧な作りです。
ぷろ_convert_20150315082615

その他、宗教曲、池辺先生のパロディ風の曲など盛
りだくさんの内容で、合唱団の特徴である豊かな響
きを生かした選曲がなされていました。

最後は大曲「光の砂漠」詩人が長い間病床にあった
ことは拓次との共通するところです。

9つの詩からなっていますが、それぞれについて
求められる表現が異なるので、すべて作り上げてい
くのは至難の業。この合唱団の高い技術力があって
こそ、曲の魅力をたっぷりと伝えることができたの
だと思います

団から花束をいただきました。
前橋の自宅まで持って帰りましたが、すれ違う人が
なんでこのおっちゃんがこんな花もってんだろう
って目で見られて面白かったです(笑)

白薔薇!
薔薇_convert_20150315082653

2015.03.12

榛名 梅マラソン 初参加

先日 日曜日に開催された、榛名梅マラソンに初め
て出場しました。11キロ。アップダウンが激しい
のできついという噂を聞いていたので、覚悟して臨
みました。

標高で約70メートルを一気に登って少しずつ降りて
くるコースを2周回。登りと下りがはっきりしてい
るので意外と走りやすかったです。

集合場所は榛名文化会館「エコール」
IMG_3672_convert_20150312163846.jpg

こちらは使用前。使用後はボロボロになります・・・
IMG_3674_convert_20150312163923.jpg

「梅マラソン」なのですがまだあまり梅は咲いてい
ませんでした。ここは1番咲いている場所。
IMG_3676_convert_20150312164006.jpg

1周目は渋女(渋川女子高)の陸上部らしき集団と、
抜きつ抜かれつしかし、それは彼女たちが登りも下
りもほぼ同じペースで走っていたからでした。下り
で稼ごうとする私がついていけたのは二回目の上り
の前まで。最後は姿さえ見えなくなり、幻となって
消えてゆきました撃沈

いつも無理せず楽しく走ろうと、決めてスタートす
るのですが、気がつくと自分の限界に挑戦していて
精根尽き果てる

それがの味を最高にするのだと、私の
幻が私の体を打ちのめします(拓次風)

 | HOME |  »

プロフィール

西田直嗣

Author:西田直嗣
いらっしゃいませ。西田直嗣のブログです。
詳細はこちら

最新記事
公演スケジュール
5/14 「詩と音楽」
詩と音楽表_convert_20160412061754
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ペンギン