2015.05.22

ロマンチストのブ・・・バッハ

出張で奈良に行ったり、バッハのVn.協奏曲の伴奏
練習にあけくれたりしているうちに
光陰矢の如し

バッハの協奏曲の伴奏はは二番全曲です。
3楽章18分もあります

1と3はさらうの大変だけど、少々へぼっても
ごまかせまずが、2楽章はちょっとでも指外すと
音楽が壊れるので意外と大変です。そのわりに、
ゆっくりで難しくはないからさらう気になりませ
ん・・・

この曲カラヤン・ムターのDVDが出てて、購入
したのですが、you tubeにアップされています。
これ著作権は大丈夫なのかな・・・これは写真
ムター_convert_20150522062302


動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=vN7fBu5oqds

30年前のムターとカラヤン(はもういませんが)。
初々しいムターにビックリですが、演奏は素晴らしい
です! 基本指揮無しなので途中バラバラですが(笑)
私はVn.はムターが1番好きなんだとあらためて思い
ました。もともとはアンネ・ゾフィー・ムターの
「ゾフィー」がウルトラマンと同じで親しみを持った
のが始まりですが・・・

単なる主三和音の分散で出来ている単純
極まりないモチーフが、見事に展開されてゆきます。
非和声音の扱いも複雑で、細部まで読み解くのは
かなりの修練が必要です。バッハに対する意識を
変えさせられる一曲です。ある意味ロマンティシズム
に溢れています



スポンサーサイト

2015.05.10

群大音楽科定期演奏会を聴いた

群大音楽科学生定期演奏会を聴いてきました。

日頃音楽、勉学に没頭している人も、はたまた
邪念に満ち溢れている人も、この瞬間だけは
音楽に集中するいい顔を見る事ができます

大学の4年間というのは想像できないほど可能性に
満ちあふれた4年間です。芸大にいたころも、入学
する時には自作の曲を書いた事のない人が、4年時
には日本音コンで入賞するのを見てきました。

群大生の中にも例外なく大変な成長を遂げている人
を今日何人も見ることができました。また、伴奏に
おいてもその人の音楽的成長が顕著な演奏が見られ
ました。私の曲をよく弾いてくれるBさんも、かつて
Sさんの伴奏をきっかけに飛躍的に成長をとげたも
のです。

学生自身はその成長に気づいている人、気づいてい
ない人、気づきすぎている人、色々いますが、成長
した人にはしたなりの役割があります。群馬県の文化
を担う存在になるべく邁進していってほしいと思いま
す。

真っ赤なスカーフ
あのこが持っていた真っ赤なスカーフ
誰のためだと思っているか
誰のためでもいいじゃないか
みんなその気でいればいい(笑)


わっかるかな〜

 | HOME | 

プロフィール

西田直嗣

Author:西田直嗣
いらっしゃいませ。西田直嗣のブログです。
詳細はこちら

最新記事
公演スケジュール
5/14 「詩と音楽」
詩と音楽表_convert_20160412061754
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ペンギン