--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.11.21

全日音研 終了

昨日、全日音研高等学校部会が高崎シンフォニーホールで
開かれ、「創作」についてのワークショップを行いました。

その中で高校2年時、作曲(和声)を始めて2ヶ月後
に2小節(動機ーモチーフ)書いてこい、という先生の指示に
従って、そして勉強し始めた和声にがんじがらめになりながら
作ったモチーフを紹介しました。それがこちら(笑)

全日音研パワー3_convert_20141121105403

上部の楽譜です。冗談みたいな話ですが、消しては書き、消しては書きの
跡が残っていて、これは、「作曲」を志したとはいえ、どうしてよいのか
わからず苦しみもがきながら取り組んでいた痕跡です。これを先生に見せた時、
「なんだこれは!」と鉛筆を叩きつけられ、しばらく怒られておりました・・・
怒られている時は涙は出てきません、なぜか・・・。

ワークショップでも触れましたが、自分の秀でた凡庸性を自覚しているからこそ
の今の自分というものがあります。

昨日は創作において、「着想」することと、「展開」することについて多くを
語りましたが、人生も苦しんで着想(道を定め踏み出す)して、「展開」の妙に
たどり着けるものだと、自分の凡庸の象徴である楽譜を見て思いました。

楽譜の下部は、怒りが静まったころ、きっと「引き受けたものの、こいつ大丈夫かな・・・」
と心配なさりながら先生がその場で、作ってくださったモチーフです。

100回くらい弾いてみましたが、どうやったらこうなるのかわかりません。
何週間かして、ようやく2つ目に似たのが作曲できて(模倣ですが・・・)、
少し褒められただけで、涙がこぼれ落ちるのをこらえるのが大変だったのを
思い出します・・・・ 私はうれしいと泣きたくなる人間だったようです(笑)



スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naotsugi.blog79.fc2.com/tb.php/268-e011302f

▲TOP

 | HOME | 

プロフィール

西田直嗣

Author:西田直嗣
いらっしゃいませ。西田直嗣のブログです。
詳細はこちら

最新記事
公演スケジュール
5/9 JFCアンデ
スキャン_3_convert_20180507234452
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
フリーエリア
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
メールフォーム
メールは下記へお願いします。 naporitanya@gmail.com
検索フォーム
ペンギン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。